失敗しない選び方

女医

比較サイトを参考にしよう

エイジングケアを成功へと導く為にも、美容クリニック選びが何よりも大切です。リスクを極力回避する為、美容クリニックを選ぶポイントは主に4つあります。まず1つ目が、外科医の経歴(キャリア)や実績です。美容クリニックに在籍している外科医全員が、高い技術力や経験を有している訳ではありません。ボトックスに関する知識が豊富でも、施術そのものに慣れていなかったり、技術のない医師も在籍しています。ボトックスの結果は、外科医で決まると言っても過言ではありません。外科医は、慎重に選びましょう。2つ目が、カウンセリングに十分な時間を確保しているか否かという点です。ボトックスの効果はどの程度で現れるのか、効果が持続するのかといった質問をしっかりと聞き、説明を行うと1時間は直ぐに経過してしまいます。十分にカウンセリングを受け、納得した上でボトックス治療を受けるかどうか、自身で判断する必要があります。3つ目が、カウンセリングを担当した外科医が一貫して、アフターケアまで行っているのかという点です。患者一人一人の要望を聞き取り、言葉では言い表せない心の声まで、しっかりと表情から読み取れるのは、カウンセリングを担当した外科医に他なりません。患者と目的を共有出来た外科医だからこそ、満足のいくような効果を引き出せる可能性が、極めて高くなります。4つ目がボトックス治療の、症例写真をチェックするという点です。ビフォーアフターの証拠にもなる症例写真は、治療を検討中の方にとっては大変貴重な情報でもあります。ホームページやブログなどに掲載されている症例写真は、事前にしっかり確認しておきましょう。ボトックスはメスを使う事無く、シワ等を目立たなくさせるエイジングケアの1つです。施術を受けた後、気をつけるべきポイントが主に3つあります。まず1つ目が、効果の持続する期間です。ボトックスの効果は個々人の体質によって差異はあるものの、凡そ2か月から3か月程度でその効果は次第に薄れていきます。一度ボトックス注射を受けたら、一生シワが目立たなくなるわけではありません。年に3回から4回は、美容クリニックで治療を受ける必要があります。2つ目が、顔への刺激を極力控えるという点です。ボトックスを注射した後、洗顔や洗髪を行っても構いません。入浴そのものは、早めに済ませるよう心掛けましょう。顔そのものに治療を行いますから、出来るだけ刺激は避けたいものです。必要最小限度のメイク以外は、控えたほうが効果を長続きさせる事が出来ます。肌への負担を軽減させるという観点から、マッサージやサウナは控えて下さい。患部へ注射したボトックスが分散し、効果そのものが薄れてしまう可能性があります。3つ目が、異変が生じた際は施術を担当した外科医へ、即相談するという点です。注射した後はどうしても、数時間の間はしびれが出てしまいます。直ぐに治まりますので、必要以上に心配する必要はありません。筋肉は注射した後、次第に萎縮し始めます。2日から3日の間は、違和感を覚えるかもしれません。それも数日で治まるものだと考えられていますが、違和感が治らない場合や注射した部位の赤みや腫れが引かない場合は施術を担当した外科医に、直接相談してください。

Copyright© 2018 ボトックスなら小顔効果大!【角張ったエラ部分も改善】 All Rights Reserved.